精密性に優れたホーニング加工|依頼するならプロにお任せ

男の人

加工が容易にできる

資材

とても軽くて強度に優れているという点がアルミキャストの特徴で、様々な部品や設備に使用されています。施設の補強を考えている法人の方にとってはとてもお得な原料です。

詳しく読む

ズレが少ない

工場

製品加工の中でも円柱タイプは難しく、理想の仕上がりにするためには精密な技術を用いて加工する必要があります。少しでもミスがあると綺麗な円柱型にはなりません。しかし、ステンレスや鉄は強度に優れていますので、加工する際にはパワーが必要となります。パワーと精密性を両方維持するのは難しく、パワーを重視すると精密性が低くなる傾向にあります。逆も然りです。しかし、日本の機械加工技術は日々進化しつつありますので、精密性を維持しつつ強度の高い製品を加工することも可能になってきたのです。例えば日本でも幅広く扱われているホーニング加工というのは、強度の高い製品を精密に研磨することができる方法です。ホーニング加工の原理は、円柱状の加工機を対象に接触させて回転運動によって研磨します。研磨時には、特殊な液体を製品に吹き付けながら行ないます。ホーニング加工機内部には磁石が取り付けられていますので、加工対象の製品にしっかりと密着します。つまり、乱れのない一定の接触状態を保ちながら研磨が行なえるということなのです。円柱タイプの製品を加工する場合、施工箇所によって凹凸ができないよう正確な研磨が求められます。そのため、パイプやナットといった円柱状の製品の加工方法として、精密性に優れたホーニング加工を選択する工場が増えてきています。

ホーニング加工は、製品にクロスハッチ模様を付けられるという点も特徴です。この模様をつけることによって、微妙な凹凸が生まれここに潤滑油を通せば、エンジン部分の駆動時に摩擦を少なくすることが可能だとされています。そして、精密な研磨は、ホーニング加工の熟練工によってしか行なえません。そのため、作業依頼時には実績豊富で確かなサービスを提供している工場を選びましょう。

メーカーによる違い

お皿

製造メーカーによって、提供しているプラスチック容器の内容量やデザインが違います。仕入れる際には自社が提供する商品を考慮して、適したプラスチック容器を提供してくれるメーカーを利用しましょう。

詳しく読む

エコにも繋がる

工場

加工がしやすいことが影響して、アルミニウムはリサイクルもできます。そのため大変エコな原料だと言えます。この原料を製品にする際には、鋳造によってアルミ鋳物へと加工する必要があります。

詳しく読む